1. HOME
  2. 地域別
  3. 京都
  4. 【京都】京都を新選組が躍動 映画『燃えよ剣』
京都

【京都】京都を新選組が躍動 映画『燃えよ剣』

京都, 聖地巡礼

新選組副長として最強の武装組織を作り上げ、幕末の動乱を駆け抜けた土方歳三の生涯を描く、司馬遼太郎のベストセラー『燃えよ剣』を完全映画化。

京都を舞台に土方と新選組が躍動する歴史スペクタクル超大作が登場!

司馬遼太郎『燃えよ剣』

司馬遼太郎は主に歴史小説で数々のベストセラーを持ち、随想や評論でも大きな影響力を持つ国民的作家。

『燃えよ剣』は1962年(昭和37年)から1964年(昭和39年)にかけて「週刊文春」に連載。
組織作りの異才を持ち、幕末最強の武装組織を作り上げた新選組副長・土方歳三の生涯を描いた、『竜馬がゆく』『翔ぶが如く』『坂の上の雲』などと並ぶ、司馬遼太郎の幕末ものの代表作です。

司馬遼太郎の作品は多くが映像化されていますが、この『燃えよ剣』もこれまで幾度となくドラマ・映画・舞台化されてきました。

新選組副長・土方歳三

幕末の剣客にして、その組織作りの才能で最強の人斬り集団・新選組を作り上げた“鬼の副長”土方歳三
新選組を率いての動乱の京都の治安維持にあたり、鳥羽伏見の戦いに敗れたのちは各地で官軍と戦い続けました。

1960年代から70年代にかけて、『燃えよ剣』の映画とドラマ、同じく司馬遼太郎原作のドラマ『新選組血風録』栗塚旭さんが演じ、「栗塚旭=土方歳三」のイメージが定着して国民的な人気を得たそうな。

今回の映画『燃えよ剣』では岡田准一さんが演じます。
おそらくこれまでで“もっとも濃い”土方歳三、岡田さんの熱演に注目。

新選組とは

幕末の動乱期に結成された浪士による武力組織。

将軍上洛警護のための幕府の浪士隊として結成され、京都に上りましたが、指導者の清河八郎が尊王攘夷・倒幕派に寝返ったため分裂。
京都に残ったメンバーは幕府側の会津藩の下で「新選組」と名乗り、局長の近藤勇、副長の土方歳三を中心として尊王攘夷・倒幕派を弾圧し、京都の治安維持に活躍しました。

京都を舞台に活躍した新選組、そして土方歳三。
もちろん今回の『燃えよ剣』でも舞台・ロケ地として京都の各地が登場します。
映画は5月22日公開の予定だったのが新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期となっていますが、次回からその魅力と京都のスポットに迫っていきます。

映画『燃えよ剣』

新型コロナウイルス感染拡大の影響により公開延期、近日公開
監督・脚本:原田眞人
出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平
https://moeyoken-movie.com/