1. HOME
  2. おでかけ
  3. 【京都】夏越の祓 京都最大の「大茅の輪」北野天満宮
おでかけ

【京都】夏越の祓 京都最大の「大茅の輪」北野天満宮

おでかけ, 京都

「夏越の祓」は、一年の折り返しとなる6月30日に全国各地の神社で行われる夏の風物詩。
半年分の厄を払い、残り半年の無病息災を祈願する行事です。

説明しよう!夏越の祓とは

「夏越の祓」とは、年に2回ある「大祓(おおはらえ)」という神事のうちのひとつ。

「大祓」は厄を払って心身を清めるための儀式で、1年のちょうど半分である6月30日と、年の終わりの12月31日に行われます。

この6月30日までの半年間の厄災を祓い清める儀式が「夏越の祓」です。

夏越の祓の行事「茅の輪くぐり」

「茅の輪くぐり」とは、6月30日ごろになると日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。

「茅の輪」とは、茅(ちがや)という草で編んだ直径数メートルの輪のことで、神社の境内に作られた茅の輪の中を、
「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」
と唱えながらくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています。

基本的な作法としては、左まわり → 右まわり → 左まわりと8の字を描くように茅の輪を3回くぐります。

神社によって違うかもしれないので、各神社の作法に従ってくださいね。

京都最大級の“大茅の輪”  北野天満宮

雨で煙る北野天満宮の楼門

というわけで、京都に来るまで「夏越の祓」をまったく知らなかった、大阪出身のライターくまです。

2020年は年明けからコロナウイルスの感染拡大があり、今年からフリーランスとなったライターくまも仕事が一気になくなってしまいました。
この予想だにしてなかったこの苦境、厄を払ってなんとか抜け出したいと京都最大級の“大茅の輪”が登場する北野天満宮に行ってまいりました。

北野天満宮の楼門に掲げられる大茅の輪はなんと直径約5メートル。
重さも数百キロにもなるそうで、間近で見るとなかなかの迫力です。

菅原道真の生誕日である6月25日には「御誕辰祭(ごたんしんさい)」が行われ、“大茅の輪くぐり”ができるそう。

例年「御誕辰祭」では露店が出てたいそう賑わうのですが、今年はコロナウイルスの影響により露店の出店はなかったとのこと。
早く終息してほしいものですなあ…

夏越の祓の行事食「水無月」

なんといっても「夏越の祓」で楽しみなのが「水無月」

京都以外の地域では特に決まった行事食はないそうですが、京都では水無月が愛されてきました。

水無月の由来は、その昔、6月1日に宮中で行われていたという「氷の節句」。
当時は貴重なものだった氷を口に含み、暑気を払うことで夏を無事に乗り切れるよう祈願したそうです。

しかし、氷は庶民には手が出せなかったため、氷をイメージした三角形の白いういろうに、昔から邪気を払うとされてきた小豆を乗せた水無月が生まれたとされています。

四角を半分に切った三角で1年の半分を表しているともいわれ、夏越の祓の6月30日に1年の残り半分の無病息災を願って食べられます。

大阪では地味な印象の「夏越の祓」ですが、京都は水無月の存在もあってか伝統行事として大切に受け継がれているような印象を受けます。

今年はライターくまもしっかりお参りし、水無月もいただきました。
これでなんとか2020年後半はなんとか上向きますように。
ぱん!ぱん!

北野天満宮

菅原道真をまつる、太宰府天満宮と並ぶ天満宮の総本社。学問の神様として信仰され、多くの受験生が参拝に訪れます。
毎月25日の縁日では宝物殿の特別公開が行われ、多くの露店が立ち並んでにぎわいを見せます。
梅・紅葉の名所としても有名。

〒602-8386 京都府京都市上京区馬喰町
075-461-0005
http://www.kitanotenmangu.or.jp/

京都にお越しの際の宿泊予約は: