1. HOME
  2. 映画
  3. 西加奈子の傑作『さくら』が映画化 プレスシートをプレゼント
映画

西加奈子の傑作『さくら』が映画化 プレスシートをプレゼント

映画

西加奈子の同名ベストセラーを映画化。
5人と1匹のごく普通の家族と、家族にとって大切な人々が、運命に翻弄されながらも強く生きていく姿を描く感動の物語。
非売品の「マスコミ向けプレスシート」のプレゼントもありますえ。

映画『さくら』あらすじ

長男・一の死をきっかけに、バラバラになった長谷川家。
次男の薫は、音信不通だった父が2年ぶりに帰ってくるという知らせを受け、年末に実家へ向かう。
久しぶりにそろった家族とのふれあいの中で、薫は長谷川家の5人と1匹が過ごしたかけがえのない日々を思い起こしていく。
そして大晦日、壊れかけていた家族をもう1度つなぐ奇跡のようなできごとがおこる…

原作は西加奈子さんの初期の代表作である同名小説。
資料には「累計55万部」を超えるとありますが、最近たまたま見た新聞の情報だと60万部を突破したという(映画化効果かな?)ロングセラー作品。
西加奈子さんの作品としては4作目の映画化となります。

監督は人間の複雑な感情を映し出すことに定評のある矢崎仁司監督。
1つの家族を通して、親子、夫婦、兄弟妹、恋、生と死、ジェンダーといったさまざまな物語を、ときに優しく、ときにユーモラスに描き出します。

長谷川家のキャストには、主人公で平凡な次男の薫役は北村匠海さん、スポーツ万能でハンサムな人気者の長男・一役は吉沢亮さん、エキセントリックな末っ子・美貴役は小松菜奈さんと今まさに旬の役者が揃い、それぞれ好演。
父の昭夫役には永瀬正敏さん、母のつぼみ役には寺島しのぶさんと、実力派が揃いました。
さらに、一瞬誰だかわからないほどの変貌ぶりの加藤雅也さん、短い出演ながらインパクトが強い趙珉和さん、そして家族の愛犬“サクラ”の奇跡的な演技にも注目。

マスコミ向けプレスシートをプレゼント

映画の公開を記念して、マスコミ向けプレスシート(非売品)をプレゼントします。
郵便番号・住所・電話番号・氏名をご記入のうえ、メールでご応募ください。

応募はこちらから:info@dosue.net
応募締め切り:11月20日(金)

『さくら』

11月13日(金)より全国公開
監督/矢崎仁司
出演/北村匠海、小松菜奈、吉沢亮、寺島しのぶ、永瀬正敏
https://sakura-movie.jp/
©西加奈子/小学館
©2020「さくら」製作委員会

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。