1. HOME
  2. 京都
  3. 京都人にはおなじみ?「鎌倉殿」の謎武将
京都

京都人にはおなじみ?「鎌倉殿」の謎武将

京都

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」に登場した泉親衡(いずみちかひら)。
ドラマでは突然現れ突然姿を消した謎の武将とされていましたが、実は京都人にはおなじみのあのお祭りで、いつの目にしている人なんです。

『鎌倉殿の13人』第40回「罠と罠」あらすじ

鎌倉に小県(ちいさがた)の武士・泉親衡が仲間を集め、御所を襲って北条義時(小栗旬)を殺そうと企んでいたという報せが入ります。
この乱の首謀者とされる泉親衡について、鎌倉には誰も知る者はおらず、調べてもなにも出てきません。親衡はそのまま姿を消してしまいました。
実は親衡は鎌倉を揺さぶるために朝廷からつかわされたスパイで、その正体は源仲章(生田斗真)でした。
この「泉親衡の乱」には和田義盛(横田栄司)の息子や甥が関わっていました。息子2人は許されますが、乱に特に深く関わっていた甥の胤長(『舞いあがれ!』の「なにわバードマン」の人)は許されず、和田義盛は不満をつのらせます。
やがてこれが鎌倉を揺るがす「和田合戦」へとつながっていきます…

泉親衡とは

ドラマでは謎の武将とされ、源仲章がその正体という設定でしたが、その実態はかなり違います。
泉親衡は信濃(今の長野県)の武士で、信濃源氏の一族です。信濃源氏は源満仲の子孫で、泉氏として栄えました。
ですので謎でもなんでもなく、むしろ名門の人です。

1211年、親衡は源頼家の子である千寿丸を擁立し、北条義時を倒そうと図ります。
しかし、仲間を集めているうちに陰謀が露見しました。
仲間の御家人は捕縛され、親衡は戦い、混乱に乗じて逃亡しました。
これが世にいう「泉親衡の乱」です。その後の親衡の行方は不明です。

親衡は大力の士として知られ、竜の化身であるとかサイを退治したとか、様々な伝説が生まれました。

泉親衡と京都との意外な関係

京都の夏の風物詩である祇園祭。その一番の見所である山鉾巡行は、前祭では長刀鉾を先頭に23基、後祭は10基の山鉾が巡行します。

その長刀鉾の主祭神が「和泉小次郎親衡」であり、長刀鉾の天王座にはその人形が祀られています。
この「和泉小次郎親衡」が泉親衡なんです。

親衡は、平安時代の名工・宗近が祇園社に納めた長刀を自分のものにして愛用しましたが、さまざまな不思議なことが起きたために返納したといいます。
伝説の豪傑であることから、親衡を主祭神として祀られるようになったのでしょう。

長刀鉾の主祭神であるにもかかわらず、ドラマでは単なるスパイのような扱いを受けてしまった泉親衡。
せっかく登場したのに、どうやら京都の人はほとんど気づいていない模様…