1. HOME
  2. 京都
  3. すみだ水族館の好評展示が京都水族館に登場「カタチとくらし」
京都

すみだ水族館の好評展示が京都水族館に登場「カタチとくらし」

京都

すみだ水族館で好評だった展示が期間限定で京都水族館にお引越し。
いきものの「カタチ(姿)」と「くらし(棲み処)」をデザインし、展示する企画展を開催。

すみだ水族館は、東京スカイツリーの5F・6Fにある水族館。
ペンギン・オットセイがくらす国内最大級の屋内開放のプール型水槽や、小笠原諸島の海の世界を表現した「小笠原大水槽」、金魚展示ゾーン「江戸リウム」、約500匹のクラゲが足元を漂う幻想的な「ビッグシャーレ」など、見どころがいっぱい。
東京でも有数の観光スポットの中にあるということで、観光や家族でのお出かけにも最適と人気の水族館です。

「すみだ水族館に行ってみたいけど東京は遠いし、今はコロナがなぁ…」
という関西の水族館ファンにとって朗報。
すみだ水族館で好評だった展示が京都水族館に登場。期間限定で移設展示されることになりました。

企画展「カタチとくらし」

いきものの形、色、模様は、棲んでいる場所や、そのいきものの習性にもとづいているそうです。
企画展「カタチとくらし」では、「いきものをより身近に感じてもらえる」ことを目的として、いきものたちの形の由来がわかる「くらし」の特徴を、独創的なデザインの水槽で表現。
大きな水槽では気づきにくい、小さないきものたちの生態の特徴を存分に観察することができますよ。

水槽は以下の6種類。

  • 「あなあなの家」 展示生物:ナベカ
  • 「だんだんの家」 展示生物:スザクサクラエビ
  • 「しましまの家」 展示生物:ミスジリュウキュウスズメダイ
  • 「とげとげの家」 展示生物:ヘコアユ
  • 「にょきにょきの家」 展示生物:クダゴンベ
  • 「ぐるぐるの家」 展示生物:ビッグベリーシーホース

この企画展はすみだ水族館で2020年に開催され、「日本空間デザイン賞2020」「第54回日本サインデザイン賞」でそれぞれ金賞を受賞。
受賞を記念して2021年に行われた再展示でも好評を博しました。
今回は2021年7月31日(土)〜10月31日(日)の期間限定で、京都水族館で移設展示されることになりました。
京都水族館では初の開催となります。

開催が7月31日(土)からと、時期的に夏休みの自由研究にぴったり。
なにをするかまだ決まっていないとお悩みのお子さまと親御さんは、この夏にぜひ京都水族館へ!

企画展「カタチとくらし」

会場京都水族館 2階「交流プラザ」
〒600-8835 京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
075-354-3130
https://www.kyoto-aquarium.com/index.html
期間2021年7月31日(土)〜10月31日(日)

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。