1. HOME
  2. イベント
  3. 【大阪】『明星』創刊120年・『冬柏』創刊90年 企画展「『冬柏』 −『明星』の精神を貫いた理想郷−」
イベント

【大阪】『明星』創刊120年・『冬柏』創刊90年 企画展「『冬柏』 −『明星』の精神を貫いた理想郷−」

イベント, 文化

歌人・与謝野晶子と与謝野寛(鉄幹)が中心となって刊行した雑誌『明星』。
創刊120周年を迎えたのを記念して、“昭和期における『明星』”と称される雑誌『冬柏』の魅力を紹介する企画展が「さかい利晶の杜」にて開催されています。

『明星』創刊120年・『冬柏』創刊90年 企画展「『冬柏』 −『明星』の精神を貫いた理想郷−」

与謝野晶子千利休の生涯を展示や映像で知ることができ、堺の歴史や魅力を発信する文化施設「さかい利晶の杜」(「利晶」と書いて、「りしょう」と読む。ついでに「杜」は「もり」と読みます)。

晶子と与謝野寛(鉄幹)が中心となって刊行した雑誌『明星が創刊120周年を迎えたことを記念し、『明星』創刊120年・『冬柏』創刊90年 企画展「『冬柏』 −『明星』の精神を貫いた理想郷−」が開催されています。

『冬柏は、『明星』の後進雑誌。
刊行された昭和初期の時点で、亜希子と鉄幹の「新詩社」はすでに歌壇の中心ではなく、華やかさに欠け執筆陣も地味なことから近代短歌史の中であまり評価されてきませんでした。
しかし、近年になって『明星』から続く個性と自由の精神を貫き続けたその価値が見直され、再評価されるようになりました。

今回の企画展では、弟子のひとりが所蔵していた貴重な『冬柏』原本や、晶子自筆の掛軸や原稿、同人たちの歌集や書簡などを展示し、『冬柏』がどのような雑誌だったのかを明らかにします。

また、会期中には講演会や展示解説などのイベントも開催されます。

雑誌『冬柏』と『明星』 ※『明星』復刻版は(株)臨川書店提供
与謝野寛と晶子 自宅にて 昭和8年(1933)

「さかい利晶の杜」の周辺には、「与謝野晶子生家跡」をはじめ「千利休屋敷跡」や放送中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』にも登場する今井宗久の「今井屋敷跡」など、歴史的なスポットがたくさん点在します。
お越しの際には、ぜひ周辺を巡ってみては。
企画展は2021年1月31日(日)まで開催されます。

与謝野晶子生家跡

『明星』創刊120年・『冬柏』創刊90年 企画展「『冬柏』 –『明星』の精神を貫いた理想郷–」

会期 2020年12月5日(土)〜2021年1月31日(日)
休館日 2020年12月15日(火)
12月29日(火)〜1月3日(木)
1月19日(土)
開館時間9:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
会場さかい利晶の杜 企画展示室
観覧料一般 300円
高校生 200円
小中生 100円
webhttp://www.sakai-rishonomori.com/tohaku/

さかい利晶の杜

住所〒590-0958 大阪府堺市堺区宿院町西2丁1-1
電話072-260-4386
開館時間9:00〜18:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料一般 300円
高校生 200円
小中生 100円
webhttp://www.sakai-rishonomori.com/

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。