1. HOME
  2. 関西
  3. 吉井和哉と長濱蒸溜所がウイスキーを共作 「YAZŪKA World Whisky」
関西

吉井和哉と長濱蒸溜所がウイスキーを共作 「YAZŪKA World Whisky」

関西

「THE YELLOW MONKEY」の吉井和哉さんと長濱蒸溜所が共作!
世界でただ一つのウイスキーが数量限定で発売。

日本を代表するロックバンドのひとつである「THE YELLOW MONKEY」、通称「イエモン」。
筆者にとっても大好きなバンドで、『悲しきASIAN BOY』『Chelsea Girl』『SUCK OF LIFE』『ROCK STAR』『熱帯夜』『Love Communication』『追憶のマーメイド』『JAM』『SPARK』『LOVE LOVE SHOW』『BURN』『バラ色の日々』…と好きな曲を挙げだしたらキリがありません。
好きが高じて「THE YELLOW MONKEY」が出演した1997年に行われた記念すべき第1回目の「FUJI ROCK FESTIVAL」にも足を運んだほどです。
あれは楽しかったなぁ(遠い目)…

その「THE YELLOW MONKEY」のフロントマンであり、メインのソングライターである吉井和哉さんと、滋賀県長浜市の長浜浪漫ビール株式会社が運営する日本最小規模のウイスキー蒸溜所である「長濱蒸溜所」がウイスキーを共作。
「YAZŪKA (ヤズーカ) World Whisky」と名付けられた、「Father」と「BEAUTIFUL」2種類のウイスキーが2021年8月19日(木)より数量限定で発売されます。

「YAZŪKA (ヤズーカ) World Whisky」

(左)Father 8,000円(税別)、(右)BEAUTIFUL 8,000円(税別)

ある時、撮影に訪れたスコットランドのバーで、現地の紳士に勧められて飲んだスコッチウイスキーの味に衝撃を受けたという吉井さん。
スコッチウイスキーの魅力に傾倒していく中で、
「いつか自身の人生を投影したウイスキーを作りたいという気持ちが強くなっていた」
といいます。
そんな吉井さんと長濱蒸溜所が運命的な出会いをはたし、「YAZŪKA」は生まれました。

「THE YELLOW MONKEY」の名曲『Father』、吉井さんのソロ曲『BEAUTIFUL』それぞれの曲名を冠した2つのウイスキー。
長濱蒸溜所のオリジナルモルト原酒をベースとし、海外産のモルト原酒やグレーンウイスキーを絶妙にブレンドする「ワールドブレンデッド」方式を採用。
吉井さん自らブレンディングとテイスティングを繰り返し、それぞれの楽曲のテイストに合わせてFather」はバーボン樽、「BEAUTIFUL」はシェリー樽を追加熟成に使用するなど熟成にも徹底的にこだわり、理想のウイスキーにしあげました。

「YAZŪKA (ヤズーカ) World Whisky」は吉井さんの父親の50回目の命日にあたる8月19日(木)に発売。
ファンの方は『Father』『BEAUTIFUL』、あるいは「THE YELLOW MONKEY」や吉井さんの楽曲を聴きながら、ウイスキーをたしなんでみてはいかがですか。

長浜浪漫ビール
https://www.romanbeer.com/

長濱蒸溜所
https://www.romanbeer.com/whisky/

「YAZŪKA (ヤズーカ) World Whisky」
https://www.romanbeer.com/whisky/other-whisky/yazuka/

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。