1. HOME
  2. 京都
  3. いにしえの味を再現した“歴史食” 「歴史茶寮 いにしえ」
京都

いにしえの味を再現した“歴史食” 「歴史茶寮 いにしえ」

京都

北野天満宮のほど近くに、歴史をテーマにした料理を提供する「歴史茶寮 いにしえ」がオープン。
歴史に関する資料から、当時の食を元に考案した“歴史食”をいただける、ユニークなお店です。

鮭のルイベ

場所は北野天満宮前から今出川通りを西へ、徒歩約2〜3分。
今出川通りから南に下がる道を少し入ったところにあるビルの2階です。

お店があるビルは、緑の格子状の外壁が目印。
階段をあがった突き当たりの、隠れ家的な雰囲気のお店です。

こちらはもともと「ピアノ・ザ・サァカス」というイベントスペースで、毎週金曜から日曜・祝日に「歴史茶寮 いにしえ」が営業しています。

説明しよう!“歴史食”とは

「歴史茶寮 いにしえ」の最大の特徴である“歴史食”とは、店長の藤原さんが歴史に関する資料から当時の食を読み解いて考案したメニュー。

いにしえの貴族や武士が好んで食べたという料理やスイーツを可能な限り当時の製法で再現したという、他にはない歴史ロマンあふれるユニークなメニューを味わえます。

鯛の漬け茶漬け(右)とお酒の飲み比べセット(左)

お酒にもこだわり

日本酒は蔵元から直接仕入れ、季節ごとにさまざまな銘柄を用意。
織田信長が好んだというポートワインや、お酒が飲めない人のためにノンアルコールのジンや梅酒なども揃っています。

京都では数軒しか取り扱いのないノンアルコールジン「NEMA」や、ノンアルコールの梅酒は、「ノンアルコールは味がなんだかなあ…」という方もうならせる味わい。
だまされたと思って飲んでみて!

織田信長が飲んだと言われるワインを彷彿とさせるポートワイン

歴史都市・京都の、さらに北野天満宮のお膝元という、歴史を豊かに感じられる町でいただく“歴史食”。
先人たちが食べた料理を楽しみながら、歴史ロマンに思いをはせてみませんか。

歴史茶寮 いにしえ

住所京都市上京区今出川御前通西入紙屋川町839-7  2F
電話090-6424-9978
営業時間金〜日曜、祝日(不定休)
11:30~15:00 (LO 14:30)
17:30~22:00 (LO 21:00)
定休日 月〜木曜
webhttps://inisie.owst.jp/

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。