1. HOME
  2. 京都
  3. 「マールブランシュ ロマンの森カフェ」ジェイアール京都伊勢丹にオープン
京都

「マールブランシュ ロマンの森カフェ」ジェイアール京都伊勢丹にオープン

京都

2020年10月にオープンしたマールブランシュ「ロマンの森」が、焼菓子とオリジナル紅茶が楽しめるカフェをジェイアール京都伊勢丹3階フロアに新しくオープン。
10種類以上の種類豊富な手作り焼菓子と、京都和束町産の茶葉を使用したマールブランシュオリジナル紅茶で“森のティータイム”が楽しめます。

説明しよう!「マールブランシュ ロマンの森」とは
2020年10月、山科にオープンしたショップ・カフェ・工房、さらにマールブランシュの本社機能を備えた大型店舗。
もはや説明不要の定番の定番・お濃茶ラングドシャ「茶の菓」をはじめとする定番商品のほか、ロマンの森名物「ロマンくんのタルト」などのケーキ、焼きたてのクロワッサンや限定スイーツなど、魅力いっぱいのスイーツがもりだくさん。
店内のオープンファクトリー「お菓子スタジオ」では、お菓子を作る様子を見ることができる。
オープン以来たいへんな人気で、朝から長蛇の列がきることも。

全10種類以上の手作り焼菓子

コンセプトは「森のティータイム」
ロマンの森がちょっぴりモードな装いになった、木の温もりを感じながらも都会的で洗練されたような店内です。

新名物の「エンガディナー」やカヌレといった自家製焼菓子、京都府和束町産の茶葉をブレンドしたオリジナル紅茶で、買い物の合間に素敵なティータイムを楽しめます。
ほとんどの商品はテイクアウトも可能。

新名物!「はんなり京都エンガディナー」

はんなり京都エンガディナー 440円(税込)

「エンガディナー」はスイスの伝統菓子。
ロマンの森カフェのエンガディナーは、上質な北海道産発酵バターたっぷりのクッキー生地にローストしたくるみとミルキーな生キャラメルをサンドした、ボリューム満点の一品です。

和束産オリジナルのブレンド紅茶

京都府最大級のお茶の産地である和束町
ロマンの森カフェのためだけに収穫した茶葉を使用し、茶葉の栽培から発酵までていねいに作り上げ、マールブランシュのスイーツにぴったり合うオリジナル紅茶が生まれました。
バラエティー豊かなアレンジティーも数多くそろえ、ドリンクの種類はなんと30種以上!

「マールブランシュ ロマンの森カフェ」は2021年8月26日(木)グランドオープン。
今までロマンの森へは「山科にはなかなか行く機会がなくて…」「混んでてなかなか入れない」となっていた方も、ぜひこちらへ!

マールブランシュ ロマンの森カフェ

住所〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹3階
営業時間10:00~20:00(ラストオーダー 19:30)
webマールブランシュ:
http://www.malebranche.co.jp/

※掲載情報は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。