1. HOME
  2. 京都どすえ
  3. 歴史
  4. 【京都市中京区】『光る君へ』にも登場する藤原道長の妻・明子の邸宅跡「高松殿址碑」
歴史

【京都市中京区】『光る君へ』にも登場する藤原道長の妻・明子の邸宅跡「高松殿址碑」

歴史, 観光

中京区にある「高松殿址碑」は、醍醐天皇の皇子で臣下に降った源高明(みなもとのたかあきら)の邸宅跡です。

藤原道長の妻・明子の邸宅跡「高松殿址碑」

源高明は『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルの1人とされています。
高明は時の権力者である藤原師輔(ふじわらのもろすけ)の娘と結婚し、左大臣にまで昇りますが、師輔の死後は藤原氏に疎まれ、安和の変(あんなのへん)で失脚しました。
また「いろはにほへと」で始まる「いろは唄」は高明が作ったという説があります。

高明の娘である明子は藤原道長と結婚し、この地に住んで「高松殿」と呼ばれました。
『光る君へ』では瀧内公美さんが演じています。劇中では、父の失脚に関わっていたと思われる道長の父・兼家に恨みを持ち、道長に嫁ぎながらも兼家を呪詛するという複雑なキャラクターとなっています。

後白河天皇はこの地で即位し、以後は皇居となりました。
保元の乱の際には源義朝や平清盛らの軍勢がこの地に集結し、後白河天皇側の本拠地となったことで知られます。その後、平治の乱の際に消失しました。

高松殿の邸内にまつられていた高松明神は消失をまぬがれ、現在は「高松神明神社」として残っています。現在、高松神明神社の門前には「高松殿址」の石碑が建てられています。

高松神明神社

高松神明神社は天照大神・八幡大神・春日大神を祭神としてまつり、開運厄除けの神さまとして信仰を集めています。

また、高松神明神社の境内には、神社には珍しくお地蔵さんがまつられています。
これは真田幸村の念持仏だったものを、九度山の真田庵から拝領してきたもの。「幸村の知恵の地蔵尊」として信仰され、地蔵堂の台石をさすり、子達の頭をなでると知恵を授かるとされます。

そんなわけで境内は高松殿よりもむしろ真田幸村推しなのでした。

高松神明神社

住所/京都市中京区津軽町790
電話/075-231-8386